こころの病

こころの病を持つ妹

こころの病がタブー視された時代。心療内科を探すのも大変だった。

こころの病がタブー視された時代。近所の人の目もあり、心療内科を探すのも大変だった。
こころの病を持つ妹

自分がやらかした問題に対処出来ず、妹は自ら精神科へ入院した

父のカードを使って、散財をした三女スエコ。ついに税金の督促状と催告書が届いた。
離れて暮らす父の介護

税金滞納で崖っぷち状態から、お助け預金証書が見つかった話

見慣れない預金証書が、生活の再建を助けてくれた。
こころの病を持つ妹

三女スエコの様子がおかしいので、当時の田舎町では珍しい心療内科受診へ

おかしなことを言いだした妹。心療内科へ行ってみようかと思い始めた。